共催イベント〈科学と社会シンポジウム〉

Fear, Wonder, and Science:リプロダクティブ・バイオテクノロジー新時代における科学と社会

日程:2018年3月2日(金)17:30~20:30 (開場17:00) ★終了しました

場所:東京ウィメンズプラザ/ホール(表参道)→場所のリンク

概要:
昨年夏に刊行された生殖技術に関する一般向け書籍『Fear, Wonder, and Science in the New Age of Reproductive Biotechnology』(生殖テクノロジー新時代の不安、驚異、科学)。発生生物学者・科学史家の著者2名によるレクチャーを通し、発生生物学最新の知見からみた生殖医療の現状と、これに関連する社会的課題を議論します。

プログラム

  • 講演1:スコット・ギルバート
    (アメリカ・スワースモア大学、フィンランド・ヘルシンキ大学)
  • 講演2:クララ・ピント-コレイア(ポルトガル・ルソフォナ大学)
  • 日本の生殖医療の歴史と現状報告:鈴木良子(フィンレージの会)
  • コメンテーター:柘植あづみ(明治学院大学)、Chia-Ling Wu(台湾大学)

*入場無料・参加申込み不要
*同時通訳あり(レシーバー使用:先着100名)

共催

  • 代理出産を問い直す会
  • 総合研究大学院大学先導科学研究科「科学と社会」分野
     

    協力

  • 東京大学情報学環佐倉研究室

お問い合わせ

総研大・水島 mizushima_nozomi★soken.ac.jp(★を@に変えて下さい)
Facebook: https://www.facebook.com/Fearwondersympo


翌3/3(土)14時から、総研大主催のイベントとして、東京駅近辺にて、クララ・ピント-コレイア先生の単独セミナーも実施します(定員20名)。詳しくは上記問合わせ先まで。

【印刷用チラシ】