「卵子の老化」関連

フィンレージの会の、鈴木さんより下記の文章を頂きました。


「卵子の老化」について思うこと

鈴木りょうこ
フィンレージの会ニューズレター 第117号(2012年10月13日発行)掲載

 

過日、フィンレージの会事務所にNHKの記者さんが来ました。今年2月に放映された『クローズアップ現代』と6月の『NHKスペシャル:産みたいのに産めない〜卵子老化の衝撃〜』の取材・制作に携わった女性です。このテーマへの感想や意見、今後の支援や啓発のあり方などについて話を、ということでした。

実は私自身は番組を観ていません(その後のレビューは読んでいますが)。もともとTVはほとんど観ないのと、このテーマだと観れば気持ちが乱れるだろうな、と思っていたからです。

しかし、番組を契機として「卵子の老化」という言葉はあたかも流行語(?)になったような気配もあり、記者の方にお話したことも含め、この件について少し思っていることを書きたいと思います。

 前述のように、「卵子老化」はなんだか社会事象、不妊の問題を表現するひとつのキーワードにもなった感があります。

9月13日付毎日新聞も、連載『こうのとり追って:第5部・考えよう妊娠、出産』で〈2 卵子の老化「知らなかった」〉という見出しの記事を掲載しています。本文には【もし、若いうちに卵子が老化すると知っていたら】【だが年齢が上がると、卵子が老化して、妊娠しにくくなる。そのことを斉藤医師(筆者注:国立生育医療センター不妊診療科医長)が患者に説明すると、ほとんどの患者が「知らなかった」と答えるという。】とあります。

加齢により妊孕力が低下するのは私にとっては常識でした。一般に35歳以上の妊娠は「高齢妊娠」と呼ばれ、受精卵の染色体異常が増加すること、また妊娠高血圧症候群(いわゆる妊娠中毒症)などの合併症のリスクや分娩時のリスクも高くなることなども、知識としてはありました。私の年代(1960年代生まれ)だと、多くの方がなんとなくではあってもこうした知識を持っていたのではと思います。実際、フィンレージの会でも、発足のころ(私が30代だったころ)は治療の区切りを「40歳(あるいは42歳)」にしていた方が多かったと記憶しています。「卵がとれない」「体外受精を繰り返しているが妊娠しない」と嘆く方も、多くは30代半ばでした。不妊専門医が「33歳とか35歳を過ぎると卵がガタッととれなくなるんだよね。だから治療を始めるならできるだけ早く来てほしい」と話していることも、よく話題になっていました。

しかしここ10年、特に最近は30代後半で結婚、40代で治療という方がとても多くなり、この嘆きもその世代の方から聴かれることが多くなりました(会員さんの平均年齢が現在はたぶん40代になっているであろうことも影響していますが)。

正直、42歳、43歳、あるいは45歳などの年齢の方のこうした嘆きを耳にしても、私はもう言うべき言葉がみつかりません。年齢から考えて、妊娠はかなり難しい。確率的に低い。体外受精を受けるにしても、それはダメモトくらいに考えないとできないかもしれない。またそれは子どもを得るためではなく、自身が納得するためかもしれない。そうやって少しずつ、自分の状況を呑みこんでいくしかないかもしれない……。

嘆かれている方には、たいていそんな話をしています。

 それはさておき、私は最近「卵子の老化」という言葉、表現に違和感を持つようになりました。

加齢による妊孕力の低下は、身体の摂理です。

日本人女性の閉経は平均で50〜51歳。前後10年は更年期ですから、一般には45歳からは更年期。ちなみに〈更年期〉をキーワードにネット検索をすると、「女性の卵巣の働きは30歳ぐらいをピークにゆるやかに低下し始める」「卵巣機能がストップするとやがて閉経」などの記述が多数出てきます。そう、正確には「卵子」だけが“老化”するのではなく、加齢で卵巣機能が低下するのですね。

 NHK記者さんに対し、同席したスタッフのNさんは「卵子老化という言葉には“人”が見えない」というニュアンスのことを伝えていました。私も同感です。卵子がただの細胞のように聞こえる。「卵子老化」という言葉、イメージが先行し、「なら卵子の若返りを」「若い女性の卵子をもらう」という感じに話が流れていきそうな危惧を抱きます。

また、NHK記者さんは「加齢による卵子の老化に苦しむ女性に、どのような支援を訴えればよいか」と問いかけられたのですが、この問いも何か変というか、ねじれがあるように感じます。

少なくとも私自身は「加齢による卵子の老化」に苦しんだのではない。「子どもができないこと」に苦しんだのです。課題は「子どもができないこと」であり、「卵子の老化」ではなかった。繰り返しますが、課題を「卵子の老化」としてしまうと、結局は前述のような「若返り」など、「vs加齢」「vs老化」といった科学的解決/技術的解決に陥ってしまうのでは、と。(ついでに言えば『加齢による不妊』もおかしな言葉だと思っています)

 体外受精や顕微授精が“あたりまえ”の不妊治療ワールド(?)に入り込むと、卵子や精子があたかも“ワタシ”から独立した—切り離された—“モノ”“細胞”のように思えてしまう/思わされてしまう、扱われてしまう/扱ってしまう……ことがあるように思います。

しかし、卵子や精子はまぎれもない“わたし”の一部。その“わたし”が愛しいと思う別の“人”と出逢い、そうして新しいいのち/人格が誕生する。うまく言えませんが、そうした大切な、いのちの“かけら”。

 不妊の悩み・苦しみは、とても人間的な悩みだと考えています。たくさんの感情を持ち、迷いながら生を営む人間=“わたし”丸ごとの悩み。体外受精や顕微授精は「科学」「技術」に過ぎず、この悩みを助ける「方法」を提供することはあっても、本質的な意味での「解決」「解消」を導いてくれるわけではありません。あたかも修理・交換ができるような感覚で卵子・精子を見つめること、あるいは「卵子老化」をキーワードに不妊を語ること―いってみれば科学的解決をめざすこと―は非常に危うい。それは、ともすれば“わたし”の人間性を損ね、また不妊の人間的な解決——それぞれが不妊を自分の人生の中でどう位置づけていくか——を見失うことになりはしないかと思うのです。

 今号のニューズレターではこの夏開催された「iCSi会議」「日本生殖看護学会」という2つの大きな会議の報告も掲載していますが、この会議でも「提供精子・卵子による妊娠」は大きなテーマでした。どちらの会議もそれ(提供精子・卵子)が自明の選択肢のように語られている印象があり、いまこの項を書いている私は、まずその大前提に疑問を投げかける作業も大切なのではと思い始めています。

不妊の「解決」を、「科学」から「人」の手―人間的な営みの中での取り組み―に取り戻すために。(すずき)

シンポジウム後援 生殖細胞および受精卵のゲノム編集と私たちの未来 -コンセンサスのあり方を問う-

2019年10月6日(木)成城大学において、当会も後援団体に加わった下記イベントが実施されました。(終了しました)


科学技術社会論学会シンポジウム

生殖細胞および受精卵のゲノム編集と私たちの未来
-コンセンサスのあり方を問う-
(リンクはこちら

代表の柳原はシンポジウムの企画委員としてオーガナイズと運営に携わりました。当日は盛況のうちに終了しました。参加して下さった方々にお礼申し上げます。

これまで受精卵や胚の社会的地位は、ヒト胚を用いる研究のあり方や、胚の尊厳に対する抽象的な概念から議論されることが多くありましたが、それらが実際に「人」になる事態が現実化した今、受精卵・ヒト胚に関する問題は、もはや実験室に留まることなく、代理出産をはじめ「第三者の関わる生殖技術」と接続される段階に及んだと言えるでしょう。これらの問題についても、当会で議論していく必要性を感じています。(文責:柳原)

2018年3月2日共催シンポジウム報告

「Fear, Wonder, and Science:リプロダクティブ・バイオテクノロジー新時代における科学と社会」報告

2018年3月2日(金)17:30~20:30  於:東京ウィメンズプラザ・ホール

概要

本シンポジウムは2017年8月に出版された共著による『Fear, Wonder, and Science in the New Age of Reproductive Biotechnology』(生殖テクノロジー新時代の不安、驚異、科学)。の著者、スコット・ギルバート氏、クララ・ピントーコレイア両氏を招いて開催された。

本書は発生生物学、そして科学史についての膨大な知識と情報、そして類いまれな洞察を持つ両氏による一般向け(特に学生等)に向けた書籍であり、両氏の補完的・応答的な記述は、現代生殖技術をどう考えていけばよいのか、重要な視点を提供してくれている。ちなみに序文はダナ・ハラウェイ。邦訳の待たれる一冊。

Scott Gilbert, and Clara Pinto-Correia, Fear, Wonder, and Science: in the New Age of Reproductive Biotechnolog, Columbia Univ Pr, 2017/8/8

登壇者

◎スコット・ギルバート Scott F. Gilbert

米国の進化生物学者、歴史学者。その名を冠した『ギルバート発生生物学Developmental Biology』(メディカルサイエンスインターナショナル)は発生生物学の〝バイブル〟とさえ言われ、2019年現在、第10版を重ねる。他に『生態進化発生学―エコ‐エボ‐デボの夜明け Ecological Developmental Biology: Integrating Epigenetics, Medicine, and Evolution』(共著,東海大学出版会)も有名。

◎クララ・ピント-コレイア Clara Pinto-Correia

ポルトガル在住。発生生物学者、自然史家、科学史家、作家、ジャーナリストとしてポルトガル国内では有名である。邦訳は下記の『イブの卵』しかないが、『イブの卵』は17-18世紀に栄えた前成説の歴史を膨大な資料をもってたどった書として評価も高い。

Clara Pinto-Correia, 1997 The Ovary of Eve: Egg and Sperm and Preformation , University of Chicago Press. U.S.A=佐藤恵子訳『イブの卵—卵子と精子の前成説』白揚社,2003

◎鈴木良子(フィンレージの会)

「日本の生殖医療の歴史と現状報告」報告内容

コメンテーター

柘植あづみ(明治学院大学)

Chia-Ling Wu(台湾大学)

シンポジウム内容

ギルバート氏の講演タイトルは「精子伝説 LEGENDS of the SPERM」。受精という現象は、従来「億単位の精子が卵子に向かって競争(闘争)し、勝ち残った〝ヒーロー精子〟が卵子を手に入れる/卵子はヒーローのクエストの報酬、すなわち救いを待つ乙女/精子はドリルのように卵子に穴を開けて侵入する」というイメージで語られてきたが、これらは間違いであるとする。近年の発生生物学の知見により、受精—発生は、精子と卵子の段階的な相互作用で進むことが明らかになっている。たとえば、卵子およびその周辺細胞は精子を活性化させ、卵子へ誘導する。到達した精子は卵子に穴を空けて入り込むのではなく、卵子に寄り添い(このとき卵子もまた活性化する)、やがて卵子と融合していく。前述のような精子・卵子に対する間違ったメタファー(ヒーロー精子と乙女卵子)は文化的に作られたものである。さらに、着床も、胚と子宮、相互の協力によって進む。

ピント–コレイア氏の講演タイトルは「生殖技術と現実—奇跡はない!ART & Reality-There are no miracles!」。現状のART(体外受精・顕微授精)について、このままでいいのか、と投げかける。患者は「子が欲しい」「信じたい」と思うからこそクリニックに行く。しかしARTの妊娠率、出産率は特に大きく上がっておらず、データが虚偽の場合もある。リスクもある。不妊クリニックは巨大なビジネスとなっている。また〝優れた遺伝子〟という幻想を追うカップル(ノーベル賞男性の精子、ブロンド女性の卵子等)、代理出産の問題なども。特に代理出産は生物学的には自分の子と言えないのでは? 養子とどこが違うのだろうか?

コメンテーター・柘植氏の「不妊治療を受けても妊娠しないとき、患者は医師の想定通りに反応しない自分の身体が悪いかのような気持ちになる」「成功率が低いことや危険を知った上でなお不妊の人が生殖補助医療を受け入れるのはなぜだろう」という投げかけに対しては、ピント–コレイア氏は「自分を責めるのは世界共通。世俗的な言い方だが、いつでも『女のせい』。不妊も女のせい。エデンの園を追われたのもイブのせい。不妊の人は自分を〝異常〟と捉えてしまい、治療から降りられない。そうした負のスパイラル、そして技術の見直しの時期に来ている」とした。自身も数回の体外受精を経験、その後養子を迎えたピント–コレイア氏の話は、日本社会が不妊—生殖技術の「何を」を問題と捉えていけばよいのか、あらためて示唆したように思う。

Chia-Ling Wu呉嘉苓氏(台湾大学)は、スライドを用い、台湾における生殖技術の話題として「多胎妊娠 Multiplets’ Troble」「素晴らしき新家族 Brave New Family」を挙げた。日本では1996年に日本産科婦人科学会が、体外受精・顕微授精において移植する胚の数を原則3個以内とする会告を出した。台湾では2005年に台湾生殖医学会(Taiwan Society for Reproductive Medicine:TSRM)のガイドライン、また2007年(人工生殖法が成立した年)に国レベルのガイドラインが出されたが、その胚移植数は「4個以下」のため、双胎またはそれ以上の多胎妊娠が防げていない。女性と産まれる子の健康を脅かしている。もう一つの「素晴らしき新家族」はLGBTの家族形成である。台湾ではレズビアンカップルがドナー精子による人工授精によって、ゲイカップルが代理出産によって児を得るケースが出てきている。いずれも渡航生殖による。さらにシングル女性が生殖技術を利用する権利なども考えていかなければならない事柄だとした。

 


台湾に関する追加情報

*2019年5月24日TAIWAN TODAY 「台湾、アジアで初めて同性婚合法化へ」(2019年6月11日アクセス)

*2019年5月8日 毎日新聞「麗しの島から/台湾で急増する子育て中の同性カップル」(2019年6月11日アクセス)

なお、同シンポジウムは「ふぇみん」3186号(2018/05/05)5面「東京で生殖技術に関する講演会・シンポジウム 無批判に巨大化する不妊治療/科学も文化に影響される」で紹介されている。同3185号(2018/4/25)でクララ・ピント‐コレイア氏のインタビュー『「不妊は自然なこと」と性教育で』も掲載。インタビューの一部はこちらでも読める。

(文責:鈴木R)

日本の生殖技術の歴史と現状(シンポジウム報告内容)

2018年3月2日に開催された、本会共催シンポジウム「Fear, Wonder, and Science:リプロダクティブ・バイオテクノロジー新時代における科学と社会」に登壇なさった、フィンレージの会の鈴木良子さんによるパワーポイントの報告内容(PDF)を掲載します。

不妊治療を受けた立場から論じる、日本の不妊治療の現状への問題提起です。

資料へのリンクはこちら

 

世界の代理出産反対運動

  • Stop Surrogacy Now

フェミニストを含め、代理出産当事者や宗教関係者など多様な人々が参加する国際的な代理出産反対キャンペーン。活動の拠点は米国。本キャンペーンのサイトはこちら。本会の代表が翻訳した日本語版も掲載されている。キャンペーンの日本語名は「今こそSTOP!代理出産」。

  • No maternity traffic

ヨーロッパの国際的代理出産反対運動。サイトはこちら。会の前身は“International Union for the Abolition of Surrogacy(代理出産廃止のための国際連合)” サイト内に代理出産の問題についてまとめた資料あり。たとえばこれとかこれ

  • FINRRAGE (Feminist International Network of Resistance to Reproductive and Genetic Engineering) 

生殖および遺伝子工学に抵抗するフェミニストの国際ネットワーク。日本の「フィンレージの会」は別団体。 リンク

  • COLLECTIF POUR LE RESPECT DE LA PERSONNE(CoRP)

フランスの代理出産反対団体 リンク

同団体による映像「代理出産:代理母は何を経験するのか?」ではアニメーションと共に具体的な説明がなされている。(英語字幕)

  • Feministas Mexicanas contra Vientres de Alquiler – Femmva

メキシコのフェミニストによる代理出産反対団体 リンク

「代理出産を拒否するフェミニスト」。スウェーデンの女性団体。リンク

 

医学関連の国際機関

  • 国連

2018年3月に国際連合人権理事会において、代理出産と子供の売買に関する議論が行された。その記事はこちら

この議論では特別報告者の意見に基づいて,代理出産の普及が子供を商品化の危険に晒すと警告している.報告書のリンクはこちらから。

  • イスタンブール宣言(臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言)

宣言のサイト(英語) 宣言日本語版 2008年 2018年

日本では臓器移植を推進する宣言として解釈されがちだが、本宣言の論点は、臓器移植の是非や推進ではなく、不正な臓器取引の根絶にある。本宣言では、他国民が自国民の移植機会を奪う「移植ツーリズム」を明確に「非倫理的」と論じている。

イスタンブール宣言の存在は、たとえ代理出産や卵子提供といった方法が日本で合法化されたとしても、米国人女性やロシア人女性、ウクライナ人女性など外国人を利用する現行の「生殖ツーリズム」は正当化できないことを示すことになろう。

  • ESHRE (European Society of Human Reproduction and Embryology)

学会のサイト 本学会の代理出産に関するレポート

「最終的手段」としての代理出産は受け入れられるとするが、商業化には反対。

  • FIGO(The International Federation of Gynecology and Obstetrics)

連盟のサイト 日本産科婦人科学会も参加。

インドの代理出産について上記 ESHREとの合同声明を発表している。こちら

FIGOによる2007年の代理出産に対するガイドラインのテキストはこちらから読める。

『代理出産ーー繁殖階級の女?』上映会配布資料

映画『代理出産ーー繁殖階級の女?』上映会では、観客の皆様が、内容を理解する上での参考になるよう、代理出産に関する現状と問題点をまとめた資料を配布しております。

どなたでもご利用いただけますが、利用目的は研究・教育に限ります。ご利用の際は、必ず本会の資料であることを明記してください。

ここからダウンロードできます。

声明文(2010年10月1日)

野田聖子議員の提供卵による妊娠と一部マス・メディア報道に関するコメント

    • 平成22年8月25日より報道されている提供卵を用いた野田聖子議員の妊娠は、野田聖子議員本人と、一部マス・メディアにより、国内の法律の不備を訴えるアピールとして報道されているが、この解釈は事実誤認である。
    • 野田議員は日本における「法の不在」を自ら作り出し、自身は渡米して卵子を購入した。これは立法者として持つべき良識から逸脱した行為であるし、野田聖子氏により歪曲された上記のストーリーを検証せずに伝えた一部マス・メディアの姿勢も倫理的に問題がある。
    • 本会は卵子提供に関して、代理出産と同様に身体の搾取や人体の道具化、生まれる子どもに苦悩が生じるなどの危険をもたらす点があることからその実施には慎重になるべきと考えている。
    • 上記見解の詳細について以下に述べる。

1.野田聖子氏による事実の歪曲

      1. 野田氏が作り出した法律不在

卵提供にかかる法整備が成立しなかったのは、野田氏は自らが2003年厚生労働省生殖補助医療部会報告書に基づく法案の提出を阻んできたことによる。(その経緯は『産婦人科の世界』の記事を参照)

同報告書はすみやかな立法を求めていたが、仮に野田氏が法案にさまざまな問題点を認めたのであれば、自らが中心となり実現可能な法案を整え、早期に国会に提出すべきであった。

その政治的責任を果たすこともなく国内の状況を放置し続け、海外で卵子提供を受けた事実は、政治家としての責任感を欠くのみならず、法の不在を「恣意的に」作り出した疑念さえ生じさせる。

国内の動向の無視

野田氏は、一患者として、自らの努力でJISARTの定める要件を満たすことにより、国内で配偶子の提供を受けることも選択できたが、一連の報道はこれらの動きにまったく触れず、一方的に議論の不在、法律の不在、関係者の「無理解」を強調している。

長期に渡り積み上げられ、既に存在する議論を敢えて無視する野田氏の姿勢は、国内の議論や状況を軽んじており、立法者として正当化できる判断とは考えられず、議員としての良識を欠いたものである。

1.養子縁組に対する印象操作

一部の報道では、野田氏が養子縁組を選択しなかった理由として野田氏本人の言葉を引用しながら、あたかも養子縁組制度やそれに基づく団体が野田氏を門前払いしたかのような、あるいは「厳しい条件をつきつける頭の固い団体」のような印象操作がなされている。

しかし養子縁組の際に提示される条件は、子どもの福祉を第一に据えた結果として定められたものであるし、そもそもこれらは親の保護を失った子のために整備された制度であり、子の欲しい親の欲求を満たす制度ではない。

実親の保護を失った子どもを迎える場合には、特別養子縁組、普通養子縁組のほか、里親、季節里親、週末里親などの制度もある。これらの選択肢に触れることなく「養子縁組」とひとくくりにし、野田氏の言い分のみを取り上げる報道は、事実を公平に伝えているとはいえない。

2.公人による情報操作への荷担

    • 上記の事実を確認せず、または敢えて無視した上で、公人である野田氏による、事実を歪曲化させた発言をアナウンスした一部マス・メディアの姿勢は、メディアが本来果たすべき責任を放棄したものである。

3.今回の卵子提供が持つ問題

  • 卵子売買として

報道によると野田議員は、米国の卵提供エージェンシーに数百万円を「支払った」という。 「善意の提供」と繰り返し述べるが、その実態は卵子の「売買」であり、人身売買としての倫理的問題を孕んでいる。

卵子提供は、排卵誘発剤の副作用による健康被害や、提供者が不妊になる可能性があり、身体的なリスクも少なくないうえ、米国での卵提供は、裕福な高齢者が、若年者の社会的な弱さにつけ込み、身体を不当に利用する側面をも持つ。たとえば、卵子提供・代理母出産情報センターの鷲見侑紀氏が、同センターが扱う提供者のほとんどが日本人留学生であると述べていたように、米国の卵子提供者は学生であることが多く、その産業構造は経済的に弱い若年女性の存在のもとに成り立っている。

またそれらは、長くAIDを実施してきた慶応義塾大学において、学生が自らの生殖のあり方や将来の家族形成に関して十分に認識しないまま、教員に促され精子を提供することになった事実が示唆するのと同じく、学生たちが自らが生殖に関わる事の重みについて十分に認識していない未熟さに人々が便乗し、提供者の将来への配慮を欠いた形で実施されている可能性もある。

上述の課題に加えて、2008年にインドで日本人男性医師が代理出産を依頼した事例にも象徴されるように、「生殖ツーリズム」が海外の貧困層の身体を搾取する行為として世界的に問題視されつつある現状では、卵子提供のあり方も国際的な枠組みで深慮せねばならず、その実施には慎重になる必要がある。

  • 生まれた子どもの抱える負担

近年、精子・卵子提供による生殖が、生まれてくる子へ大きな心理的負荷(アイデンティティの危機、遺伝的特質を遡れない事実への苦しみ)をもたらすことが次第に明らかになっている。日本でもAIDで生まれた人たちの自助グループや、彼らが中心となる「第三者の関わる生殖技術について考える会」が発足しており、カップル以外の第三者が生殖に関与することの問題性、子どもの心理的・法的課題について真摯に考えねばならない。

  • 高齢女性の負担

今回の事例では、ほぼ閉経期にある野田議員にホルモン剤を使用して生殖技術が進められていることが推察される。50代の実母が娘のために代理出産をした事例の問題とも関連するが、自然には分泌されない女性ホルモンを人工的に大量に投与することによる、女性の側の身体的負担は非常に大きい。

このような方法を用いた妊娠・出産を無批判に肯定・賞賛することは、同様の立場、年齢にある女性に、高リスクの妊娠・出産を期待したり強要する社会的風潮を生み出しかねず、この点についても熟慮が必要であろう。

以上

2010年10月1日
代理出産を問い直す会